倉永美沙(バレエ)年齢・身長体重wikiプロフィールは?経歴/学歴(高校・大学)も調査!【情熱大陸/12月22日放送】

スポンサーリンク
人物

2019年12月22日放送の『情熱大陸』にバレエダンサーの倉永美沙(くらなが みさ)さんが出演します。

倉永美沙さんは、バレエダンス界では名門で有名なボストン・バレエ団に在籍していたバレエダンサーです。倉永美沙さんは身長156㎝という欧米では特に小柄な体型でありながら名門バレエ団のボストン・バレエ団に16年間も在籍し、バレエダンサーの中でも最高位の階級と言われる「プリンシパル」にまで上り詰めたそうです。

そんな倉永美沙さんが今年2019年にアメリカ最古の超名門バレエ団サンフランシスコ・バレエ団とプリンシパルとして正式契約して話題となっています。

私自身も初めて倉永美沙さんの存在を知りましたが、バレエダンサーとしては低身長の倉永美沙さんが名門バレエ団のプリンシパルとして海外で活躍していることを知って、これまでバレエに興味のなかった方達からも注目を集めているんだそうですよ!

そこで今回は、バレエダンサーの倉永美沙さんの年齢・身長体重・出身地のwikiプロフィール、経歴、学歴(高校/大学)、通ったバレエ学校について調べてみました。

スポンサーリンク

倉永美沙(バレエ)の身長体重は?【バレエダンサー/日本人プリンシパル】

倉永美沙さんは海外でも活躍する日本人プリンシパルということできになるのが身長体重のスタイルですよね。倉永美沙さんの身長体重を調べてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

倉永美沙の身長は?

バレエダンサー倉永美沙さんの身長は156㎝です。

日本人女性の平均身長が158㎝なので、日本では小柄な倉永美沙さん。バレリーナと聞くとスラっとして身長が高いイメージですが、女性バレエダンサーの平均身長ってどれくらいなのか調べてみました。
バレエダンサー全体の身長データは見つけられなかったのですが、倉永美沙さん自身も17歳の時に参加したローザンヌ国際コンクールが2004年~2005年にコンクールに参加した女性ダンサーの平均身長を公表していました。女性ダンサー全体の平均身長は163.3㎝、白人ダンサーでは164.8㎝、アジア系ダンサー162.3㎝だったそうです。
※ローザンヌ国際コンクールはスイスで毎年行われる15歳~18歳を対象とした国際コンクールです。

しかしこれは約15年前のデータで、最近では更に平均身長は高くなっているようです。

最近では更に平均身長が伸びているバレエ団が多い傾向にあるようですね。

倉永美沙は体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

倉永美沙さんの体重については非公開のようです。

しかし、身長の項目で紹介したローザンヌ国際コンクールの参加女性の平均身長とともに体重とBMIも公表されており、女性ダンサー全体ではBMIが17.8のであることが分かっています。ローザンヌ委員会ではバレエダンサーの痩せすぎを考慮し、最低体重を身長160㎝の場合には、15歳なら約41kg、16歳ならば42kg、17歳ならば43kg、18歳ならば43.5kgと考えているようです。

そんなことから倉永美沙さんがローザンヌ国際コンクールに参加したのは17歳の時なので当時はおそらく43kgは体重があったことが予想できます。

実際に倉永美沙さんの156㎝の身長で、BMI17.8で計算すると体重は43,3kgとなるので、現在も体重を維持して健康美なバレリーナ体型を維持されているのではないでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

スポンサーリンク

倉永美沙(バレエ)のwikiプロフィール!年齢・出身地は?

■名前:倉永美沙(くらなが みさ)
■生年月日:1884年5月20日
■年齢:35歳 ※2019年12月時点
■出身地:大阪府
■身長:156㎝
■体重:非公開
■特技:バレエ・ピアノ
■職業:バレエダンサー

まず、倉永美沙さんの年齢が35歳ということに驚きです。とても綺麗でキャリアも感じるのですが、30代半ばとは思えないほど肌も綺麗で若々しいですよね。やはり職業柄、美容健康には気を付けた生活を長年続けていらっしゃるので美しいですね。

倉永美沙さんの出身地は大阪府ということです。同じ大阪府出身のバレエダンサーには劇団四季に所属している原田千弘さんがいらっしゃいます。

スポンサーリンク

倉永美沙(バレエ)の経歴・受賞歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

倉永美沙がバレエを始めたきかっけは?

倉永美沙さんがバレエを始めたのは7歳の時だったそうです。

活発な性格だった倉永美沙さんはお遊戯会も大好きで積極的に踊るような子供だったそうです。そんな倉永美沙さんの同じクラスにはバレエ教室に通っている女の子がいて、負けず嫌いな性格の倉永美沙さんはその女の子に負けたくない!という気持ちから母親にバレエ教室に通いたいと訴えたそうです。

倉永美沙さんの粘り強い訴えで、大阪のバレエ教室「地主薫エコール・ド・バレエ」に通い始めました。

それから週5回のレッスンと自主練習の日々を送り、数々のコンクールで金賞を獲得し「天才少女」と呼ばれてきました。

倉永美沙の経歴・受賞歴

倉永美沙さんのこれまでの経歴と受賞歴を時系列にまとめてみました。

・2001年 第29回ローザンヌ国際にてプロフェッショナル研修賞を受賞。サンフランシスコ・バレエ団の研修生となるも正式契約はできなかった。(当時17歳)
・2001年 第9回モスクワ国際バレエコンクールの女性ジュニア部門で日本人として初の金賞受賞。
・NYBCニューヨークシティバレエ団付属スクール「スクールオブアメリカンバレエ」でバレエを学びなおす
・2003年 ボストン・バレエ団オーディション合格しプロバレエダンサーとなる。(当時19歳)
・2005年 セカンドソリストに昇進(ボストン・バレエ団)
・2006年 ジャクソン国際バレエコンクールの女性シニア部門で日本人として初の金賞受賞。
・2007年 ソリストに昇進(ボストン・バレエ団)
・2009年 プリンシパルに昇進(ボストン・バレエ団)
・2017年 ブノワ賞にノミネートされる
・2019年 サンフランシスコ・バレエ団とプリンシパルとして正式契約

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

現在所属のサンフランシスコ・バレエ団とは?

倉永美沙さんは2019年に1993年設立のサンフランシスコ・バレエ団とプリンシパルとして契約して活動しています。

17歳でローザンヌ国際コンクールでプロフェッショナル研修賞を受賞後はサンフランシスコ・バレエ団の研修生になれたものの、正式契約を勝ち取れなかった苦い思い出のある場所なのですが、35歳となった倉永美沙さんはそのバレエ団と正式契約し日本人プリンシパルとして活躍しているということです。約18年の歳月を経て、とても素晴らしいですよね。

サンフランシスコ・バレエ団は1993年設立でアメリカ最古のバレエ団です。設立当初はオペラ舞台のダンサー養成が目的で設立されましたが、1942年にオペラとバレエそれぞれに独立ました。サンフランシスコ・バレエ団はアメリカではトップクラスの実力を誇るバレエ団で毎年100以上公演を行っています。
サンフランシスコ・バレエ団で活躍した経歴を持つ日本人ダンサーには山本汎介さん、石原古都さんがいらっしゃいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

スポンサーリンク

倉永美沙(バレエ)の学歴や通っていたバレエ学校はどこ?

倉永美沙さんは学生時代はどのように過ごしてバレエへの道を目指したのでしょうか。学歴について調べてみました。

倉永美沙の出身高校は?

倉永美沙さんの出身高校がどこなのか調べてみましたが、情報を見つけることができませんでした。

ただ、経歴を見てわかる通り、17歳でローザンヌ国際コンクールに参加しそれからは海外で生活をしているようですので、バレエダンサーを目指すために元々高校には進学していないか、中退している可能性高いかと思われます。

倉永美沙の出身大学は?

経歴から分かる通り、倉永美沙さんは19歳からボストン・バレエ団に所属してプロバレエダンサーとして活動しているので、大学へは進学していないようですね。

倉永美沙が通ったバレエ学校は?

倉永美沙さんが通ったバレエ学校は、アメリカのトップクラスのバレエ団として有名なニューヨークシティバレエ団の付属スクール「スクール・オブ・アメリカン・バレエ」です。クラッシックバレエの教育機関として世界的に評価の高いバレエ名門校です。

2001年当時17歳の時にローザンヌ国際コンクールに参加しプロフェッショナル研修賞を受賞して、サンフランシスコ・バレエ団の研修生となったものの、正式契約はできず、契約が終了し退団することになりました。自身のバレエスタイルを見直すために「スクール・オブ・アメリカン・バレエ」に入校したそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

スポンサーリンク

おわりに

 

この投稿をInstagramで見る

 

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿

倉永美沙さんのはローザンヌ国際コンクールでプロフェッショナル検収書を受賞し、サンフランシスコ・バレエ団の研修生になったものの正式契約は貰えず、それでも日本には戻らずアメリカのンバレエ名門校スクール・オブ・アメリカン・バレエに入校したのですが、講師からは「あなたはアメリカのバレエ団には入れないと思うから、日本の小さなバレエ団で踊りなさい」と言われたこともあるんだそうです。
そんな辛い経験も乗り越え、倉永美沙さんの負けず嫌いで信念を持った性格で、2003年19歳の時にボストン・バレエ団と契約を勝ち取りプロバレエダンサーとなったのです。信念を持って成し遂げプロバレエダンサーへの道を切り開いていく倉永美沙さんの姿勢は見習おうと思ってもなかなかできるものではないと思います。

そんな倉永美沙さんがサンフランシスコ・バレエ団とプリンシパルとして契約して現在そして今後のバレエ人生をどのように思っているのか情熱大陸の放送が楽しみです。

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

関連記事
倉永美沙さんの結婚や恋人(パートナー)について調べた記事はこちらです。→倉永美沙(バレエ)の結婚/彼氏は?アンジェロとの関係も気になる!【情熱大陸/12月22日放送】

人物
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント