毬谷友子/若い頃と現在の画像比較!結婚(旦那)や子供についても調査!

スポンサーリンク

2019年4月6日の『有吉反省会』に毬谷友子(まりやともこ)さんが出演されます。毬谷友子さんて見た目が個性的で、『しくじり先生』や『アウトデラックス』などテレビ出演した際にも何かと話題になっている方のようです。元宝塚出身の毬谷友子さんの昔の若い頃の画像や、結婚して旦那(夫)や子供がいるのかどうか気になり調べてみました!

スポンサーリンク

毬谷友子のプロフィール

名前:鞠谷友子(読み方:まりたに ともこ)
本名:矢代友子(やしろ ともこ)
愛称:とんちゃん
生年月日:1960年3月25日
年齢:61歳 ※2021年5月時点
出身地:東京都港区
身長:160㎝
血液型:A型

毬谷友子(まりたにともこ)さんの本名は、矢代友子(やしろともこ)です。愛称は「とんちゃん」。

1960年3月25日生まれで、現在の年齢は61歳です。(※2021年5月時点)若く見えますが既に還暦を迎えられていたなんて驚きです。

東京都出身で、元宝塚歌劇団雪組の娘役として活躍され、現在は舞台を中心に女優として活躍されています。

鞠谷友子さんは元々は本名で活動したかったそうですが、宝塚歌劇団では入団時に必ず芸名を付けなければいけないそうです。そこで、カトリック信者でもある鞠谷友子さんは、聖母マリアに因んで苗字「鞠谷」にしたんだそうです。

スポンサーリンク

毬谷友子の学歴や経歴は?

学歴

毬谷友子さんは幼稚園から小学校・中学校・高校まで東京都千代田区にある「学校法人雙葉(ふたば)学園」を卒業されています。

高校卒業後「宝塚音楽学校」に通い、1980年に卒業。卒業試験では創立以来の最高得点99点をとったというエピソードも。

経歴(宝塚時代)

1980年に毬谷友子さんは宝塚歌劇団の66期生として入団しました。当時の年齢は20歳ということになりますね。

初舞台は『フェスタ・フェスタ』。

入団した1980年の7月に雪組に配属されました。

その後宝塚歌劇団の舞台やテレビドラマ出演で活躍し、1985年(当時25歳)の時に東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団しました。

経歴(宝塚歌劇団退団後)

宝塚歌劇団を退団後は舞台・ミュージカル、テレビや映画への出演し女優として活動しています。

 

View this post on Instagram

 

ニカイドウ タツヤ(musictribe)さん(@tora0413)がシェアした投稿

父親の矢代静一さんが脚本を書いた1人芝居の『弥々』では2002年に「第57回文化庁芸術祭最優秀賞(演劇部門)」を受賞し代表作となりました。

また2010年には『令嬢ジュリー』で演出も手掛けています。

スポンサーリンク

毬谷友子の昔の若い頃の顔画像は?現在と違う?

現在の毬谷友子さんを見ると、もちろん年齢61歳にしてはお若いし綺麗なんですが、宝塚時代は娘役だったということで、昔の若い頃の顔写真(画像)がないか気になり探してみました。

現在

 

View this post on Instagram

 

優美さん(@yuumi817)がシェアした投稿

昔(若い頃)

 

 

View this post on Instagram

 

Felixさん(@fondue234)がシェアした投稿

スポンサーリンク

毬谷友子は結婚して旦那・子供がいる?

毬谷友子さんは現在61歳ということで、結婚歴や子供がいるのかが気になって調べましたが、どうやら現在旦那(夫)はいないようで、これまでも結婚歴はなくずっと独身のようですね!

現在は犬や猫を飼って暮らしているようで、ずっと独身で年齢も61歳というこで、逆に独身で暮らしている方が気楽だと考えていらっしゃるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

毬谷友子の昔と現在の顔画像比較と、結婚/子供についてまとめ

毬谷友子さんの昔の若い頃の写真を見ると、とても可愛らしい方でした。

現在も61歳に見えない若さで綺麗なんですが、若い頃はほんとに可愛らしくさすが宝塚の娘役って感じです。

毬谷友子さんの結婚や家族(夫/子供)について調べてみましたが、毬谷友子さんは現在独身で結婚歴もなく、子供さんもいないようです。

舞台やミュージカルに力入れていらっしゃるので、あまりテレビで見かけることはないのですが、外見も内面もユニークな方のようなので、今後の活躍に期待しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

人物
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント