本並健治はハーフ?両親の出身地は?若い頃からのイケメン画像も紹介!【丸山桂里奈の旦那】

スポンサーリンク

元サッカー日本代表選手同士となる丸山桂里奈さんと本並健治(ほんなみ けんじ)さんが結婚を発表しましたね!!

2人の年齢差19歳と同時に注目されたのが、丸山桂里奈さんの旦那(夫)のハーフイケメン顔の本並健治さん!!56歳という年齢ですが、若々しくてイケメン!!

本並健治さんの両親の国籍や出身地はどこ?と思った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は本並健治さんはハーフなのか、ご両親の出身地や顔画像があるか調べてみました。また、本並健治さんの若い頃から現在までのハーフイケメン顔画像も紹介しますので、最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

関連記事
■本並健治の前妻(元嫁)名前・顔画像・職業は?離婚理由も調査!【丸山桂里奈の旦那】

■本並健治の子供(息子/娘)の名前・年齢は?出身校や現在の仕事も調査!

■丸山桂里奈と旦那(本並健治)の馴れ初めは?交際期間やプロポーズも調査!

スポンサーリンク

本並健治はハーフ?両親の国籍・出身地や顔画像は?

本並健治さんは堀が深くてどこからどうみてもハーフなんですが、出身地は大阪府枚方市の日本人です。

両親のどちらかが外国の方なのかなと思う方が多いと思いますが、父親も母親も純粋な日本人なんだそうです。ということで、もちろんご両親の国籍も日本なんですね。出身地については具体的に分かりませんでした。

信じられないくらいのハーフイケメン顔ですよね(^^)

本並健治さんの端正な顔立ちからついた現役時代についたニックネームは「浪花のイタリアーノ」!!実はこのニックネームは明石家さんまさんがつけたんだとか。

本並健治さんのご両親とも美男美女なんでしょうね!!

本並健治さんの父親・母親の顔写真がないか探してみましたが見つけられませんでした。

ネット上に本並健治さんの母親と面識のあるという方が投稿している記事があり、お母様がとても美人で有名な方であったということが書いてありました。 →記事はこちら

そして父親についても、母親が息子の本並健治さんよりイケメンというくらいなので、やはりご両親は美形な方であったということですね。

スポンサーリンク

本並健治の両親(父親・母親)の職業は?

前項でお伝えした本並健治さんの母親に関する記事から、本並健治さんの母親は既にお亡くなりになっているようですが、生前はスナックを経営していたようですね。 →記事はこちら

父親の職業については情報がありませんでした。

スポンサーリンク

本並健治は若い頃からイケメン!!昔から現在までの顔画像まとめ

本並健治さんの現役時代の若い頃から現在までのイケメン顔画像を集めてみました。

現役時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

古家 奈生 NAO FURUYA(@japanaosaka)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hidenori mieda(@iammieda)がシェアした投稿

監督時代

現在(2018年~

 

この投稿をInstagramで見る

 

水内猛(@takeshimizuuchi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anda Hiroyuki(@hiroyuki.anda)がシェアした投稿

スポンサーリンク

本並健治はどんな選手だった?

現役時代に日本人離れした端正な顔立ちからついた「浪花のイタリア人」「浪花のイタリアーノ」と呼ばれた本並健治選手は、同じGK選手で元ポルトガル代表のビトール・バイーア選手とも顔が似ていると言われていました。

そして、1999年に開催されたJOMO CUP Jリーグドリームマッチでは外国人選抜登録選手として特別参加したという面白いエピソードもみつけました。

顔立ちが目立っていただけでなく、当時は髪を染めるのも珍しいかった時代だったそうですが、本並健治さんは髪を金髪に染めたり、自分でデザインした派手なユニフォームを着たりして目立つ存在だったそうです。

このような派手な行動は、目立ちたかったわけではなく、ゴールキーパーは地味というイメージを変えたかったからなんだそうです。でも、目立つということは試合中に相手にも居場所が分かりやすいという意味で失敗だったと本人が語っています。

スポンサーリンク

本並健治の経歴

幼少時代・学生時代

元サッカー日本代表の本並健治さんは、幼少時代は野球少年だったそうです。小学校時代は野球漬けの毎日を過ごしたようで、中学生時代リトルリーグでも活躍したんだそうです。

そんな野球少年だった本並健治さんがサッカーを始めたのが中学3年生の時。友達に誘われてサッカー部に入部するとゴールキーパーとして急成長して、大阪選抜メンバーに抜擢されました。

その後サッカーの名門校である清風高校に進学しています。高校卒業後も好きなサッカーを続けるためにサッカーの強い大阪商業大学に進学しました。

幼少期からサッカー少年だったのかと思いましたが、中学3年生になるまでは野球漬けだったとは意外ですよね。14歳でサッカーを始めてサッカー選手となるなんて、もともと身体能力が高かったということなんでしょうね。

現役選手時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

本並健治(@kenjihonnami)がシェアした投稿

1986年、大阪商業大学卒業後はガンバ大阪の前身である松下電機産業サッカー部に入団しました。当時本並健治さんが28歳だった1993年Jリーグ発足後、当時守備が弱いと言われていたガンバ大阪ではゴールキーパー本並健治さんが活躍する場面が多く、人気選手となりました。

現役時代には生死に関わる試合もありました。1993年7月7日のサンフレッチェ広島戦で後半終了直前のコーナーキックで相手チームの選手と激しく接触し、腎臓破裂という重傷を負ったのです。もし試合が延長戦になっていたら助からなかっただろうと言われるほどの大きな怪我をしていましたが、試合終了まで戦い続けたのです。その後緊急手術により腎臓の4分の1を摘出したんだそうです。

その後驚異的な回復力で7ヶ月後には再び試合に出場し、その後日本代表にも選ばれました。

その後ガンバ大阪では出場機会に恵まれず、1997年(当時32歳)ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に移籍し1999年にはレギュラーに定着しました。その後2001年(当時36歳)に現役引退をするまで、鋭い守りで活躍し続けました。

またプライベートでは、1991年に一度結婚もされています。

本並健治の前妻(元嫁)名前・顔画像・職業は?離婚理由も調査!【丸山桂里奈の旦那】

現役引退後の現在

 

この投稿をInstagramで見る

 

本並健治(@kenjihonnami)がシェアした投稿

現役引退後はホリプロに所属し、サッカー解説者やリポーターを務めています。

また2003年以降は、京都産業大学や東海大学付属仰星高校のサッカーコーチ、2012年8月にはなでしこリーグ・スペランツァ大阪高槻の監督に就任し、サッカーの指導者としても活躍されました。スペランツァ大阪高槻の監督は2016年12月に契約期間満了で退任しています。

この2012年8月のスペランツァ大阪高槻就任と同じタイミングで、同チームに移籍したのが丸山桂里奈さんで、この時が2人の初めての出会いであり、当時は選手と監督の関係でしたが、その後も良い師弟関係が続き、2020年9月にお二人は結婚しました。当時は想像もしなかったことでしょうね(^^)

丸山桂里奈と旦那(本並健治)の馴れ初めは?交際期間やプロポーズも調査!

スポンサーリンク

まとめ

以上、本並健治さんはどこのハーフなのか、ご両親の出身地や顔画像がないか調べたことをまとめました。

■本並健治さんは大阪府枚方市出身で、両親(父親・母親)も出身地は不明ですが純粋な日本人であることが分かりました。両親の顔写真はありませんでした。職業ネット上の記事によると、母親はスナック経営をしていたのではないかと思われます。父親の職業については不明です。

純粋な日本人同士のご両親からどうやったらこんな日本人離れした子供が生まれるのか不思議ですよね。両親のお顔が見てみたかったですが、残念ながら今回は情報を得られませんでした。

今回の丸山桂里奈さんとのご結婚で、テレビなどでご家族についても語られることがあるかもしれませんので、新しい情報を見つけましたら随時追記していきます!!

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

関連記事
■本並健治の前妻(元嫁)名前・顔画像・職業は?離婚理由も調査!【丸山桂里奈の旦那】

■本並健治の子供(息子/娘)の名前・年齢は?出身校や現在の仕事も調査!

■丸山桂里奈と旦那(本並健治)の馴れ初めは?交際期間やプロポーズも調査!

 

 

 

 

 

人物
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント