東京オリンピック聖火リレー応募方法は?年齢条件や注意点まとめ!

スポンサーリンク
東京オリンピック・パラリンピック

東京オリンピックの観戦チケットの抽選申込みが締め切られた後、聖火リレーの各地の走行コースが発表されましたね!少しずつ2020年の東京オリンピックが開催されるんだと実感が湧いてきますよね!!

東京オリンピック聖火リレーのコース発表と同時に、聖火ランナーの一般公募の応募方法についても募集開始日や応募条件についても公表されました。東京オリンピックに聖火ランナーとして参加できるなんて観戦だけするより、より東京オリンピックを身近に体感できる大チャンスですね!首都圏だけでなく全都道府県に東京オリンピック2020の聖火リレーコースがあるので、東京までオリンピック観戦には行けないという方も東京オリンピックに参加できるのがいいですね!!

そこで今回は東京オリンピックの聖火ランナーの募集がいつからなのか、応募先や応募方法(エントリー)や何歳から参加できるのか小学生も応募できるのか応募年齢条件・制限など応募条件や応募資格について調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】応募先は5つ!!

オリンピック聖火リレーは、一般人からも募集され聖火ランナーとして走行することができます。

東京オリンピック聖火ランナーになるには、東京オリンピック2020聖火リレーのプレゼンティングパートナーである企業4社と各都道府県の実行委員会の5つの応募先へ応募締切までに応募して当選することでなれます。

応募要項は各社によって違いますが、5回応募することで当選確率が高くなるので可能な方は是非各応募先にエントリーしてみて下さい。

<応募先:企業×4、都道府県実行委員会>

■日本コカ・コーラ株式会社
■トヨタ自動車株式会社
■日本生命保険相互会社
■日本電信電話株式会社(NTT)
■各都道府県実行委員会

各応募先に1人1回ずつ応募できるので、1人あたり最大5回応募できるということです。

ただし複数の都道府県実行委員会には応募できません。例えば東京の実行委員会に応募して、大阪の実行委員会にも応募するといったことはできません。

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】募集はいつから?応募締切は?

募集開始はいつから?

最大5回エントリーできるということですが、各企業によって聖火ランナー募集開始日が違います。
■日本コカ・コーラ株式会社・・・2019年6月17日(月曜日)から
■トヨタ自動車株式会社・・・2019年6月24日(月曜日)から
■日本生命保険相互会社・・・2019年6月24日(月曜日)から
■日本電信電話株式会社(NTT)・・・2019年6月24日(月曜日)から
■各都道府県実行委員会・・・2019年7月1日(月曜日)から

となっています。
つまり、コカ・コーラ株式会社の応募開始日が一番早く6月17日(月)~で、それ以外の企業が6月24日(月)~、各都道府県実行員会は7月1日(月)~ということになります。

応募締切は?いつまで?

先着順ではなく抽選なので急ぐ必要はありませんが、聖火ランナーになりたいと思っている方は応募締切が過ぎてしまった!ということにならないよう応募可能な応募先にはどんどん応募しておきましょう!
東京オリンピック聖火リレーの応募締切は、8月31日(土曜日)です。
募集開始日は各社・委員会で違うのですが、締切日は共通してますのでご注意ください。

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】応募方法は?

前述した通り応募先が5つあり、1人最大5回まで応募できるのですが、スポンサー企業4社と各都道府県実行委員会で応募方法について発表しているのは日本コカ・コーラ株式会社のみです。

日本コカ・コーラ株式会社

コカ・コーラの聖火ランナー応募方法はスマホを持っている方なら誰でも簡単に応募できます。

コカコーラの「Cokeon(コークオン)」というアプリをダウンロードし、対象商品(コカコーラ、アクエリアス、綾鷹、ジョージア、い・ろ・は・す)の商品パッケージにある「コカコーラオリンピック応援マーク」をスキャンすると、1商品で1ポイント貯まります。なんと、その1ポイントで聖火ランナーへの応募ができるということです!

コカ・コーラ聖火ランナー募集に関する詳細ページはこちらです。

※他3社の各都道府県委員会の応募方法については発表され次第更新致します。

※東京オリンピック聖火ランナーは、各募集先の聖火ランナー募集要項に記載されている「聖火ランナーの基本応募要件」「聖火ランナー選定の基本的な考え方」に沿って、各募集先が選考後、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会に候補者を推薦する形で決定します。
選考基準はどの募集先においても基本的にはすべて共通していて大きく変わるということはないようですが一部募集先によって異なる場合があるので、詳しい選考基準が気になる方は選考基準の詳細については各募集先へ確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】応募の条件は?

聖火ランナーになるにはどんな条件や資格が必要なのか調べました。
■2008年4月1日以前に生まれていること
■国籍、性別は不問
■走行を希望する都道府県にゆかりがあること

応募の年齢条件としては2008年4月1日以前に生まれた人が対象となりますが、2020年3月1日時点で18歳未満の人は保護者の同意が必要です。つまり、2002年3月2日以降に生まれた人のことをさします。
せっかく当選しても無効ということになってしまわないように、予め保護者の同意を得て応募しましょう。
年齢に上限はありませんので、高齢者の方でも自らの意思で火を安全に運ぶことができる方であれば応募が可能です。一人で走行できない場合でも、介添えスタッフ(介助者)のサポートは必要に応じて可能ということです。

国籍を問わないので海外に住んでいる方でも応募可能ですが、応募の際には日本語と英語で対応できるとうことが条件となってくるようです。

走行を希望する都道府県にゆかりがある人というのは、ちょっと抽象的でわかりにくいところがありますが。
もちろん現在住んでいる地域だからというのは十分にゆかりがあると言えるのでしょうが、例えば過去にこの地域に住んでいたとか家族や親戚が住んでいるとか、何らかのつながりや思い出深い土地であれば良いようです。

また、車椅子の人も応募可能です。1人で走行できない場合でも付き添いの介助者をつけることができます。
色んな方に参加して欲しいですよね!!

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】小学生は応募できる?

東京オリンピックの聖火ランナー応募条件で一番気になるのが年齢制限ではないでしょうか。

自分の子供が東京オリンピックの聖火ランナーになりたいと言っているとか、こんな機会はめったにないから東京オリンピックの聖火リレーに子供を参加させてみたいと思っている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申しますと、小学生は東京オリンピックの聖火ランナーにはなれません(><)

前述した応募資格の説明にある通り東京オリンピックの聖火リレーに応募できるのは2008年4月1日以前に生まれている人ということなので、現在小学6年生の方から応募の対象になるのですが、実際に聖火ランナーとして走行する時には中学生になっていないといけないのです。
つまり、来年の春で中学1年生になる人から応募できるということですね。

現在小学6年生の生年月日は、2007年4月2日~2008年4月1日生まれ
(平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれ)ですね。

2008年4月2日以降に生まれた方は対象となりません。
東京オリンピック聖火リレー走行時2020年度の時点では中学生1年生以上じゃないといけないけど、応募の時点では小学6年生以上であれば対象になるという、ちょっと分かりにくいというか混乱するとこですね(^^;

小学生が東京オリンピックの聖火ランナーになれない理由として、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は公式サイトではこのように説明しています。

オリンピック聖火リレーは、火がついたトーチを持って走っていただき、また、火と火を移す場面もあることから、聖火トーチを掲げて安全に走行できるという安全性の観点から年齢制限を設けさせていただいております。過去大会の例も参考に、国際オリンピック委員会(IOC)と協議した年齢設定となっております。

安全面を考慮して年齢制限に下限を設けたということですね。性別や国籍不問で上限もないのにと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは安全面ということ仕方がないですね。

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】応募の注意点は?

東京オリンピック聖火ランナー応募に際しての注意点を調べてみました。

■応募時に走行希望地にはゆかりがあることが条件ではありますが、聖火ランナーに決定した場合、走行日時や走行場所(コース)は、「東京2020組織委員会」が指定することになります。

■連名や複数人での応募はできません。1名ごとに応募して下さい。

■事前連絡や走行当日のコミュニケーションは日本語と英語のみになります。

■参加料は無料ですが、走行当日の集合場所までの交通費は自己負担です。やむを得ない理由で聖火リレーが中止になった場合でも返金や補償はありません。

詳細はこちらの「東京オリンピック2020公式聖火ランナー募集」ページをご覧ください。

スポンサーリンク

【東京オリンピック2020聖火リレー】 公式アンバサダーメンバーを紹介!

東京オリンピック2020聖火リレーの公式アンバサダーのメンバーは、オリンピアンの野村忠宏さん(柔道)、パラリンピアンの田口亜希さん(射撃)、石原さとみさん、サンドウィッチマンの伊達みきおさんと宮澤たけしさんのお二人です。

アンバサダー全員揃ってのイベントなどいよいよ開催が近づいてきたという感じで盛り上がってきましたね(^^)

スポンサーリンク

【東京オリンピック聖火リレー】応募方法・年齢条件・注意点のまとめ

■東京オリンピック聖火ランナーになる方法は、東京オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである企業4社と各都道府県の実行委員会の5つの応募先に応募して当選すること

■募集開始日は一番早い企業がコカ・コーラで2019年6月17日(月)~、その他の企業3社が201年6月24日(月)~、一番遅いのが各都道府県の実行員会で2019年7月1日(月)~

■応募締切日は、2019年8月31日で全社共通

■応募資格は性別や国籍は不問だが走行する土地に何らかのゆかりがあり、2008年4月1日以前に生まれている人。
つまり、来年の春中学1年生の人から対象となる。自らの意思で火を安全に運ぶことができれば年齢に上限はない。
国籍不問だが、事前連絡や当日のコミュニケーションが日本語か英語でできることが条件となる。

■車椅子の方も介助者をつけて走行することができる

■応募要項については各社で異なり、現時点では詳細は公表されていない※2019年6月8日時点

■応募にあたっての注意点について詳しくは「東京オリンピック聖火ランナー募集」HPをご覧ください。

「東京オリンピック2020」公式聖火ランナー募集ページはこちら

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうごいます(^^)

関連記事
★東京オリンピックチケットが懸賞応募で当たる?無料で入手できるキャンペーンを紹介!!

★東京オリンピックチケット抽選結果いつ発表?確認方法は?当選確率が高い競技も予想!!

★東京オリンピックチケット/支払方法やカードの種類は?当選後のキャンセルや変更はできる?

★東京オリンピック子供料金は何歳から?家族/グループチケット購入時の注意点は?

東京オリンピック・パラリンピック
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント

  1. […] 関連記事 ★東京オリンピック聖火リレー応募方法は?年齢条件や注意点まとめ! […]

  2. […] 関連記事 ★東京オリンピック聖火リレー応募方法は?年齢条件や注意点まとめ! […]