Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

聖火リレー熊本募集人数・ルート・日程は?距離や参加費用も調査!【東京オリンピック2020】

スポンサーリンク
東京オリンピック

こちらの記事では東京オリンピック2020大会の聖火リレーで熊本県で聖火ランナーになりたい人が気になる熊本県内の聖火リレーのルート(コース)場所や走行日程がいつなのか、熊本県の聖火ランナーの募集人数は何人なのか、走行距離や参加費用についても調べたことをまとめてみした。

東京オリンピック観戦チケット抽選販売の申込み受付が終了したら、聖火リレーの全国の走行ルート(コース)と聖火ランナーの一般公募の応募先や応募条件などが発表され、まだ先だと思っていた東京オリンピック2020大会の開催が近づいてきたという感じがしてきましたね!

聖火ランナーとして東京オリンピックに参加できるチャンスが全国各地の方にあるので、聖火ランナーになりたい!という方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は私の地元である熊本県に聖火リレーについて調べました!
誰か身近な人が東京オリンピックの聖火ランナーとして走るかもしれないと思うと楽しみです(^^)

スポンサーリンク

聖火リレー熊本の募集人数は何人?【東京オリンピック2020】

熊本県内を走る聖火ランナーになりたいと思っている方がまず気になるのが、熊本県の聖火リレーの募集人数かと思います。

東京オリンピック組織委員会は1日に走る聖火ランナーの80人~90人のうちスポンサー枠を除いた1日22人を各都道府県実行委員会が一般公募で選考する聖火ランナー人数に割り当てたようです。

熊本の聖火リレールート日程期間は2日間。よって1日22人×2日間=44人を熊本県実行委員会がスポンサー枠を除いた聖火ランナーを決めることになります。

更に44人のうち10~15名程度は熊本県にゆかりのある文化人やスポーツ選手(アスリート)、PRランナー推薦枠として確保して、一般公募からは合計30人~35人を募集することになったそうです。

2日間とも均等な割合とは限りませんが、1日当たり大体15人~17人位を一般人が東京オリンピック2020大会の聖火ランナーとして熊本県内の聖火リレールート走ることができるということになりますね!!

スポンサー4社の枠からも一般の方が選考されることを考えると、もっと沢山の方が熊本の聖火リレールートを走り聖火トーチの火をつないでいくことになるんですね!!なんだかそう思うと、誰もが聖火ランナーとして走るチャンスがあり、聖火リレーの観覧を通しても歴史的瞬間に立ち会える壮大なイベントなんだなと改めて感じました!!

各都道府県で色んな思いをのせた方達が聖火リレーで聖火トーチをつないでいくことを想像すると既に感動してきちゃいました!!←早すぎですかね(^^;

観覧者数がかなり多く混雑しそうですが、2歳の息子を連れて私も熊本県内の聖火リレーを観覧しに行こうと思います(^^)

スポンサーリンク

聖火リレー熊本の走行ルート(コース)は?【東京オリンピック2020】

東京オリンピック聖火リレーの熊本県内の走行ルート(コース)は、1日目は県南部を中心とした5区間、2日目は県北部を中心とした8区間となっています。

詳しい走行ルート(コース)は以下の通りです。

1日目(5月6日)ルート

①人吉市→②水俣市→③天草市→④宇土市→⑤八代市

2日目(5月7日)ルート

①益城町→②南阿蘇村→③阿蘇市→④菊池市→⑤山鹿市→⑥和水町→⑦玉名市→⑧熊本市二の丸広場

各日最終到達地点、八代市(1日目)・熊本城(2日目)ではセレモニーイベント(セブレーション)が行われる予定です。イベント内容も気になりますね!!

スポンサーリンク

聖火リレー熊本の走行日程(期間)は?【東京オリンピック2020】

東京オリンピック聖火リレーで、熊本県内を聖火ランナーが走行する日程(期間)は来年2020年5月6日~2020年5月7日の2日間です。

東京オリンピック聖火リレーが日本国内を最初に出発するのは2020年3月26日でスタートは福島県になります。

福島県から聖火リレーでつながれた聖火トーチが熊本県内に届くのは全国で19番目です。ちなみに、熊本県の前は沖縄県で後は長崎県となってます。

スポンサーリンク

聖火リレー熊本の走行距離は?【東京オリンピック2020】

熊本県内を聖火ランナーとして走りたいと希望している方沢山いらっしゃると思いますが、1人あたりどれ位走らないといけないのか気になりますよね。

これは、熊本に限らず全国共通でもちろん走行場所やルートにより例外もあると思いますが、基本的に1人あたりの聖火リレー走行距離は200mとなっています。

200mだとしたら時間的にはゆっくり走っても2~3分位ではないでしょうか。

年齢に上限はないので高齢者の方も参加できますし、車椅子の方も介助者を付けて走行することができます。この位の距離なら子供も女性も気にせず参加できますね!※聖火ランナー応募に年齢の上限はありませんが、2020年春に中学生になる13歳以上の方に限られています。

スポンサーリンク

熊本県聖火リレーの参加費用は?【東京オリンピック2020】

熊本県の聖火リレーのみならず東京オリンピック2020大会の聖火リレーの参加費用は全国共通で「無料(0円)」です。

ただし、走行当日の集合場所までの交通費は自己負担です。やむを得ない理由で聖火リレーが中止になった場合でも返金や補償はありません。

その他の聖火リレーに参加する際の詳しい注意事項はこちらの「東京オリンピック聖火ランナー募集要項」ページの下の方に記載されています。

スポンサーリンク

熊本県の聖火リレー・ランナー応募方法は?【東京オリンピック2020】

東京オリンピック2020大会の聖火ランナー応募先は、

◼️日本コカ・コーラ株式会社
◼️トヨタ自動車株式会社
◼️日本生命保険相互会社
◼️日本電信電話株式会社(NTT)
◼️各都道府県実行委員会

東京オリンピックプレゼンティングパートナー(スポンサー)4社と各都道府県実行委員会の5つとなってます。

※6月20日時点でプレゼンティングパートナー4社のうち募集を開始しているのはコカ・コーラのみです。他3社については、6月24日(月)から聖火ランナー募集を開始する予定です。

東京オリンピックプレゼンティングパートナー(スポンサー)4社と各都道府県実行委員会の5つとも現在募集を開始しています。募集締め切りは8月31日です。

現時点では各都道府県の実行委員会の一般公募の募集は始まっておらず、各都道府県実行委員会の募集開始は7月1日(月)からの予定となってます。詳しい募集要項や応募方法について募集開始同時又は直前に発表されるのではないかと思われます。

熊本県実行委員会窓口の聖火ランナーも現在募集中です。→ 熊本県聖火ランナー募集ページはこちら
※一番下までスクロールすると「WEB申込み」と「郵便申込み」の詳細が分かります。「WEB」申込みの場合は第三者の推薦が必要なようです。

各応募先に1回ずつの最大5回まで聖火ランナーに応募できるので、この機会に聖火ランナーとして熊本県内を走って東京オリンピック2020大会に直接参加したいというかたは、可能な応募先にはできるだけ応募して当選確率をあげることをおすすめします(^^)

関連記事
★東京オリンピック聖火リレー応募方法は?年齢条件や注意点まとめ!

★東京オリンピックチケットが懸賞応募で当たる?無料で入手できるキャンペーンを紹介!!

スポンサーリンク

東京オリンピック聖火リレー【熊本】についてまとめ

■東京オリンピック聖火リレーの熊本県内の走行ルートを走る聖火ランナー募集人数は、スポンサー4社の枠を除いて1日22人×2日間=44人で、そのうち熊本にゆかりのある文化人・アスリート・PRランナー推薦枠を確保分を差し引いて30人~35人募集予定です。

■東京オリンピック聖火リレー熊本県内走行日程(期間)は、2020年5月6日~2020年5月7日の2日間です。

■東京オリンピック聖火リレーの熊本県内の走行ルート(コース)は1日目は県南部を中心に、2日目は県北部を中心としたルート(コース)となっています。

■東京オリンピック聖火リレーの1人あたりの走行距離は熊本県に限らず全国基本的に200mです。

■東京オリンピック聖火リレーの参加費用は熊本県に限らず全国共通で参加費は無料です。※集合場所までの交通費は自己負担

熊本県実行委員会の募集要項など詳細が発表されましたら、随時更新していきますので、よろしくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございます(^^)

東京オリンピック
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント