松山智一/個展の日程・場所は?作品の値段(価格)も調査!【情熱大陸/10月20日放送】

スポンサーリンク

2019年10月20日の『情熱大陸』に美術家の松山智一(まつやま ともかず)さんが出演します。

松山智一(まつやま ともかず)さんはアメリカ・ニューヨークを拠点に活動する美術家です。日本での活動歴はなく上智大学を卒業後アメリカに渡り、名門美術大学院「プラット・インスティテュート(Pratt Institute)」に進学し、なんと首席で卒業しました。渡米後のアート活動で作品が評価され現在もニューヨークに住みながら芸術家として活躍しているのです。

そんな松山智一(まつやま ともかず)さんの夢でもあった、現代アートの本場ニューヨークで認められた画家にしか描くことを許されないという巨大壁画の制作に『情熱大陸』が密着取材するそうです。松山智一(まつやま ともかず)さんがどんな作品をどのような過程で制作するのか放送が楽しみです。

こちらの記事では、松山智一(まつやま ともかず)さんの作品はどこで見ることができるのか、日本国内でも個展が開催されているのか、個展・展覧会のギャラリー会場の場所や日程を調べてみました。また、松山智一(まつやま ともかず)さんの作品を通販でも購入できるのか販売価格(値段)についても調べてみました。

スポンサーリンク

松山智一の個展どはこで開催されているの?【海外】

松山智一(まつやま ともかず)さんの個展・展覧会はどこで開催されているのでしょうか。

松山智一(まつやま ともかず)さんは、これまでにニューヨークをはじめとするアメリカの主要都市、ドバイ、香港、台北、ルクセンブルグなど世界各地のギャラリーや美術館や大学施設などで 個展・展覧会を多数開催しています。

これまでの海外での主な展覧会は以下の通りです。

■Oh Magic Night(HOCA Foundation 香港/2017年)
■The Sky Is The Limit (Harbour City 香港/2014年)
■Palimpsest (ハーバード大学 ボストン/2013年)
■Edo-POP (ジャパン・ソサエティー ニューヨーク/2013年)
■New Works by Tomokazu Matsuyama (Mark Moore Gallery ロスアンゼルス/2012年)
■Thousand Regards – Tomokazu Matsuyama (アメリカン大学美術館 Katzen Arts Center ワシントンD.C./2012年)
■Future Is Always Bright (Frey Norris Gallery サンフランシスコ/2012年)
■Redefine (Goss Michael Foundation ダラス/2012年)
■We Are All One (New York Institute of Technology Gallery ニューヨーク/2011年)
■Changing World Through Art (Haunch of Venison Gallery ニューヨーク/2011年)
■untitled (Tibet House Gallery ニューヨーク/2011年)
■Sugi-Pop! (Portsmouth Museum of Art ニューハンプシャー/2010年)
■Draw (Museo De La Cludad de Mexico メキシコ/2010年)
■Lost in Mutation: The Surreal in Contemporary Japanese Art (タフツ大学美術館 ボストン/2009年)

引用元:ウィキペディア

スポンサーリンク

松山智一の個展は日本国内では開催されていないの?会場や日程は?【情熱大陸/10月20日放送】

松山智一(まつやま ともかず)さんはアメリカ・ニューヨークを拠点にして活動している美術家ということで、日本国内で松山智一(まつやま ともかず)さんの作品を見ることができるのかが気になりますよね。

松山智一さんの日本国内で過去に開催された個展は以下の通りです。

■眼差しと好奇心(Mizuma Art Gallery 東京/2008年)6月4日~6月28日

2008年の「眼差しと好奇心」は「ミヅマアートギャラリー」で開催されました。この時は6名の作家さんのグループ展だったようですね。

ミヅマアートギャラリーは、東京都新宿区にあるギャラリー(美術展示スペース)です。エグゼクティブディレクターの三潴末雄により1994年に東京に開廊されました。独自の感性を持った日本及びアジアの作家さんを中心に紹介しているようです。

■Same Same, Different(LUMINE0東京/2018年)4月29日~5月6日

そして、その10年後となる昨年2018年には東京都渋谷区にある「LUMINE0(ルミネゼロ)」で開催されました。ルミネのイベントホールですね。10年ぶりに開催する日本国内での個展(展覧会)にルミネを選んだ理由について松山智一(まつやま ともかず)さんは、大きな作品を飾れるような広いスペースのある美術館やギャラリーは日本に少ない中ルミネはスペースが広いことが魅力となったそうです。
また、交通量が多く、アクセスも新宿駅からすぐという場所柄が手軽であることも理由だったそうです。

世界各国で活躍している松山智一(まつやま ともかず)さんの日本国内での個展が最近2018年に開催されていたということは、次回はもう少し先になるのではないかなと予想されます。
また開催場所についても前回同様に交通量が多くてアクセスが手軽な場所ということで東京都内で開催されるでしょうね。

今回の『情熱大陸』放送内に今後の個展・作品展覧会について情報があればこちらに追記しますね!!

スポンサーリンク

松山智一の作品は通販で購入できる?

次回の日本国内の個展開催日が現時点では未定の可能性が高く昨年開催されたばかりということで次回は少し先になりそうだとなると、今回の『情熱大陸』で松山智一さんの作品を見て、松山智一(まつやま ともかず)さんの作品が欲しい!作品を買いたい!という方が気になるのが作品の購入方法かと思います。

松山智一(まつやま ともかず)さんの作品を購入できる通販サイトはありませんでした。

スポンサーリンク

松山智一の作品の販売価格(値段)は?【情熱大陸/10月20日放送】

今回の『情熱大陸』で松山智一さんの作品を見て、松山智一(まつやま ともかず)さんの作品っていくらで買えるの?販売価格(値段)を知りたい!という方も多いかと思います。

松山智一(まつやま ともかず)さんの作品はいくら位で購入することができるのでしょうか。

松山智一さんは2019年より東京にあるギャラリー「KOTARO NUKAGA」の所属アーティストとして活動していらっしゃいます。そちらから頂いた最新情報によりますと、大型の絵画作品になるとなんと800万円を超える値段がついているそうです。彫刻作品になると一千万円を超え、直径30㎝ほどの小さな作品でも130万円はするそうです。

松山智一さんが所属しているKOTARO NUKAGAのホームページはこちら

スポンサーリンク

松山智一のプロフィール【情熱大陸/10月20日放送】

■名前:松山智一(まつやま ともかず)
■生年月日:1976年4月30日
■年齢:43歳 ※2019年10月時点
■血液型:不明 ※現在調査中
■出身地:岐阜県高山市
■出身高校:暁星国際高等学校
■出身大学:上智大学、ニューヨーク私立大学院プラット・インスティテュート(Pratt Institute)
■職業:アーティスト、画家、現代美術家

松山智一さんは2019年より東京のギャラリー「KOTARO NUKAGA」の所属アーティストとして活動しています。
松山智一さんが所属しているKOTARO NUKAGAのホームページはこちら

関連記事
アメリカ・ニューヨークを拠点に活動する美術家 松山智一さんの詳しいプロフィール経歴や家族(兄弟)や結婚(妻・子供)についての記事はこちらです。
松山智一の経歴/学歴(高校大学)は?妻・子供の家族も調査!【情熱大陸/10月20日放送】

人物
スポンサーリンク
torocoをフォローする
ままのいろ アラフォー1児ママの子育てブログ

コメント

  1. […] 作品の販売価格(値段)や通販購入方法、日本国内の個展開催の場所や日程についての記事はこちらです。 松山智一/個展の日程・場所は?作品の値段(価格)も調査!【情熱大陸/10月20日放送】 […]